コンサルタントが法人顧客を獲得するメリット

以前からではありますが、法人顧客を取りたい、というご質問を多くいただきます。

特に

「紹介に頼らない法人アプローチ方法を知りたい」

というご相談が多いです。

法人顧客を取るメリットは…

・提供サービスの単価アップ
・個人相手よりも長期契約になりやすい
・上記より、売上高が上がる
・売上が安定しやすくなる
・販売効率が高くなる
・ビジネスのステージが上がる

などなどがあります。

メリットがあるのは分かりつつ、多くの方が法人にトライできないのは

・自分には出来ないと思い込んでる
・企業へのアプローチ方法がわからない

ことが原因です。

やり方を知ればできるようになります。
 
私自身、以前顧客リストもないところから法人顧客に飛び込み営業を仕掛けていた時期がありました。

私にとっては、とてもつら買かった【暗黒時代】と呼んでいる頃です。

一度独立したものの、うまく行かずにサラリーマンに戻った頃の話です。

で、その頃は毎日毎日来る日も来る日も新規法人獲得のために頑張っていました。

正確な数は覚えてませんが、1年で100社以上新規開拓しました。

そんな経験もあるため、今まで法人獲得したい、というご相談いただいたクライアントさんは、ほぼ数日~数か月以内に獲得できています。

実際、私が2回目の起業した時は、法人顧客しかいませんでした。

会社を辞める数日前に2名の方にお会いして、その場で契約が決まりました。

紹介と問い合わせで、更に2件決まりました。

実は起業してすぐに、月商60万が決まりました。

しかも契約は単発ではなく、年間契約でしたから、安定した売上を確保できました。

とりあえず、会社を辞めても家族を養える最低金額は稼げました。

今までいろんなクライアントがいました。

コーチングやコンサル契約でも、月額15~50万円くらいの金額で半年~年間契約取れてます。

他には、研修講師、セラピスト、イタリアンレストラン、料亭、保険代理店、士業、英会話講師の方々が法人獲得できています。

【今までのクライアントの事例】
・独立して2カ月で月額25万円のコンサルティング契約を取れたコンサルタントの方
・セラピストとして独立して9カ月目で社員向けの3カ月連続セミナーの講師として契約した方
・コーチングの法人契約が取れたコーチ
・独立して半年で上場企業2社とコンサル契約を結んだコンサルタントの方
・FAXDMで法人見込客を29社獲得した保険屋の方
・ジョイントセミナーで法人顧客獲得をした社労士の方
法人から定期的に仕事依頼がある動画クリエイターの方
・社員研修講師デビューを果たしたママセミナー講師
・上場企業の研修が取れた英会話教室の先生
・1年間で1500万円以上売上が上がった財務コンサルタント
・売上が約3倍になった社労士・行政書士の方
・美容院に特化して1年間で1500万円の契約が取れたコンサルタント

等々

数を上げればきりがないくらい法人契約が取れています。
 
最近ではコンサルを始めてわずか1カ月たたずのクライアントが100万円を超える契約を取ることも出来ています
 
 
多くの方は
・どうやって法人アプローチしたらよいかわからない
・どうやって契約にとりつけたら良いかわからない
・契約書はどうしたらいいのか?
等々の問題も抱えていました。
 
でも、一つ一つクリアしていくことで見事法人獲得することが出来たのです。早い人は数日で!!

長い方ても、1年以上かかることはありませんでした。

 

コンサルタントの法人契約は簡単なのか?

 

と、あなたも思いませんか??

数年前に弊社のクライアントになった方のお話です。

Iさんという50代の男性の方です。

以前は小売業で働いていました。

最初はコーチやセラピストとして活躍したい、というご希望を持って弊社のコンサルティングを受け始めました。

しかし、過去のご経歴を伺っていると、ビジネスをしっかりとやってきている方でしたので、絶対にコンサルタントとして独立した方が良い、というお話をしました。

その結果、法人獲得できるコンサルタントになるコンサルティングコースを受けはじめて3か月かからずで、年間約400万円の法人契約を2社取ることができました。

コンサルタントが法人顧客と顧問契約を結ぶのは、もしかするとあなたが思っているよりもはるか簡単に出来るかもしれません。

 

他の方の事例でいうと・・・

もちろん、成果を求められる世界なので大変です。

サラリーマンでいたほうが数字的なプレッシャーはありません。

コンサルタントはビジネスの世界で結果を出すプロフェッショナルなので、当然といえば当然です。

しかし、自分のコンテンツに自信があり、成果を出す自信があるのであれば法人獲得は視野に入れたほうが良いです。

これは実はコンサルタントの方だけではありません。

コーチング、カウンセリングをやられている方も、もちろん当てはまりますし、ちょっと面白いのは占いをしている方が企業顧問契約を取れたこともありました。

英語の先生もTOEICの検定対策で東証一部上場の会社と契約結べた方もいます。

お花の先生も上場企業に花の納品をしている方もいます。

2カ月に1回ですが、50店舗もあるので、かなりの収益になっています。

私自身、現在も数社法人のお客様との契約があります。過去には、上場企業との間で集客・販売のコンサルティング顧問契約を結んでいました。

 

コンサルタントが法人契約できる再現性について

コンサルタントを名乗る人が誰でも全員法人との契約が取れるか?というとちょっと難しい部分もあります。

法人顧客好みのコンサルネタかどうか?というのがあります。

個人向けのコンサルティングで売れているネタ=法人でも売れる

という訳ではありません。

しかし、基本的には

・売上/利益アップ

・人の採用/定着/教育 

に関わるコンテンツであれば、法人顧客獲得はできます。

実際に、私が実践している方法をクライアントたちに伝え、全く同じ手法で、契約が取れています。

もちろん、人によって時間がかかる方や、なかなか制約に結びつかない方もいらっしゃるのは事実です。

しかし、時間がかかったとしても、法人顧客との契約をすることで得られるメリットは十分にあります。

提供しているサービスで法人獲得することを一つの目標にしてください。

 

年商を今よりも2000万円上乗せを目指しませんか?

もしあなたが今すでにコンサルタントとしてご活躍されているのであれば、今よりも2000〜3000万円くらいは上乗せになります。

実際に年商1000万円だった財務コンサルタントのMさんは1年で1500万円売上アップし、その後も伸び続けました。今や年商3000万円です。

美容院向けのコンサルティングをしている菅さんも、1年間で約1500万円の契約を獲得できました。弊社のコンサルティングを受け始めて1年後には法人化し、ご両親にも喜ばれた、というご報告をいただいています。

人事制度のコンサルティングを行なっている中村さんは、コンサルを受け始めて2ヶ月目で年間800万円の契約を取ることも出来ました。

社労士・行政書士事務所を開業している小佐田先生は、年商や3倍近くまで伸ばすことができました。毎年過去最高売上を更新し、つい先日は東証一部上場の会社との契約を2社取ることができました。

あなたとあなたの会社の強みがどこにあるのか?

法人契約が取りやすいコンサルメニューの構築

契約が取れるクロージング資料の作り方

を通じて弊社では、コンサルタントのための法人獲得に特化したコンサルティングを行なっています。
法人顧客との契約は、長期・高額契約に繋がりやすいです。

今までと同じ仕事量だとしても、売上が上がります。

また、大量のお客様にアプローチをかける訳ではありませんので、広告倒れを起こすようなことはありません。

嘘のように聴こえるかもしれませんが、インターネットビジネスで年商数億を売上ている人間でも、大量の見込客リストを集めるために莫大なコストをかけて集客しています。実際に倒産している人間もいる程です。

コンサルタントとしての生き方を間違えないで欲しいのです。

法人顧客獲得ができれば、安定的な売上を確保することができます。

常に集客に終われ、常にセールスをし続けるような不安定な生活をしないで済むようになるのです。

 

元サラリーマンにもメリットがある

 

今まで真面目にサラリーマンとしてキャリアを積んできた方であれば、コンサルタントになって法人契約を結ぶことは十分可能です。

そして、そういう方にメリットがあります。

というのも、会社の中に【知識】【経験】【考え方】【仕組み】【人材教育】【外部とのコネクション】が無い企業がコンサルティングを求めます。その本質は時間短縮です。

得たい結果が明確にあり、そこまでの最短距離を突っ走りたい会社が、あなたのコンサルティングを受けます。

コンサルタントとしてのキャリアがないと不安に思う方が多いのですが、サラリーマンとして結果を出してこられた方であれば、法人顧客を相手にした時にもきちんと結果に繋げるスキルは持っています。

前述したIさんも、たった3ヶ月で2社獲得できました。それどころか、今では出版もされコンサルタントとして活躍できています。

2011年頃にコンサルを受けて毒室した臼井浩二さんも、会社をやめて2ヶ月後には年間300万円のコンサル契約を結べています。
そして彼も出版し、ますます活躍のフィールドを増やしています。

元体育教員だった竹下幸喜さんも、教員を辞めて弊社のコンサルティングを受けました。最初の年は苦戦しましたが、2年目からは法人相手に研修とコンサルティングの契約がバンバン取れるようになりました。年商も1000万円を超え、自信に満ち溢れています。

いくつかのコツがありますが、そこさえ乗り越えられれば、あなたが思っているよりも簡単に契約を結ぶことが出来ます。

法人顧客との契約が結べるようになると

・長期安定的な契約が取れる

・個人と比べると高単価での契約が取れる

・コンサルタントとしてのポジションが上がる

・紹介が生まれやすくなる

・事業が安定する

といったメリットがあります。

 

法人向けはブルーオーシャン

法人顧客獲得方法は、プロダクトローンチのような短期間で刈り取る販売方法ではなくWIN-WINになるビジネスの提案です。

なので、見込顧客リストが少なくても成果が大きいです。

多少時間が掛かるりますが、それでも2~3か月あれば、ある程度の成果につながるので、とてもリターンが大きいのが法人顧客獲得です。

個人向けのコンテンツを法人に持っていくだけで契約単価は一気に跳ね上がります。

それだけではなく、リピートに繋がったり紹介で仕事が繋がったりします。

また、ほとんどの方が法人へのアプローチ方法を知らないので市場はブルーオーシャンです。

個人向けに売るために不自然なほどの“ブランディング写真”も必要ありません。
自撮り写真も必要ありません。

というよりも、そんな写真ばかりだったら、むしろちょっとおかしい人だと思われます(笑)

競合するコンサルタントがいないので提案がきちんと相手のニーズに合っていれば商談で話が決まります。

あなたも勇気を出して一歩を歩み出しませんか?

最初の一歩は、下のバナーから登録するところから始まります。

2019年3月4日

Copyright© コンサルタントのための法人顧客獲得法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.