コンサルティング上達の効果的な方法論!PDCA&ロールプレイで迅速化

無料登録はコチラ
美鈴

コンサル業界は競争が激しいです。特に個人コンサルタントの方は、コンサルティングを迅速に上達させないと競合他社に顧客を奪われないか不安ですよね。

菅原

コンサルティングは常に学び続けなければなりません。どう能力を効果的に向上させられるか、気になる方も多いのではないでしょうか?

コンサルティング能力を迅速に上達させる方法を知っていれば、競合他社に顧客を奪われず、顧客から一目置かれた存在として認知してもらえます。

本記事では、コンサルティング上達の効果的な方法論とPDCAとロールプレイで上達を迅速化させる方法について紹介するのでぜひ参考にしてください。

コンサルティングが上達する方法とは?

美鈴

コンサルタントが業界で生き残るためには、自己啓発や知識の吸収を継続的に行い、幅広い視野を持って仕事に取り組まなければいけないということでしょうか?

菅原

その通りです。実はそういう大変な状況だからこそ役立つ、コンサルティング上達の効果的な方法論があるんです。

上達の方法論は、以下の3つに大別されます。

上達の方法論

  • 本から学ぶ
  • 人から学ぶ
  • 行動から学ぶ

本からの学びは、プロフェッショナル向けの書籍や論文を読むことです。人からの学びは、上司や先輩からのフィードバックを積極的に受け取り、意見交換を行うことです。

行動からの学びは「試行錯誤することの大切さ」を意識しながら実際に現場で仕事を行うことで得られます。

さらに、PDCAサイクルとロールプレイを活用してコンサルティングの上達を迅速化させましょう

まず、上達の方法論の前にコンサルティングとは何かについて解説したいと思います。

学びの大切さについて、以下の記事が参考になるのでご覧ください。

コンサルティングとは?

美鈴

コンサルティングは企業や個人事業主、官公庁などに対して専門的な知識や技術を駆使して助言や指導を行うサービスとありますが、具体的にはどういう仕事でしょうか。

菅原

具体的には、市場調査や戦略策定、業務改善、人事制度の構築、情報システムの導入やプロジェクトマネジメントなど、あらゆるビジネス領域に対して提供されるサービスですね。

コンサルティングを提供する企業は多岐にわたり、例えば以下のものが挙げられます。

コンサルティングを提供する企業の具体例

大手やミドルクラスのコンサルティングファーム、専門分野に特化したコンサルティング会社、財務・税務の専門家である公認会計士、税理士が提供するコンサルティングなど

コンサルティングは、依頼者と長期的な関係性を築き、組織の業務改善や成長に貢献する点が特徴的です。

高い専門性が求められるコンサルタントであれば、幅広い知識や技術を持ち、柔軟な対応力や高いコミュニケーション能力、主体的かつチームワークを意識した働き方ができなければいけません

コンサルティングの上達の意義

コンサルティングの上達とは、仕事でより高度なスキルを習得することをいい、多くの意義があります。例えば、以下のものが挙げられます。

  1. より高度なスキルを身に付けることで、お客様にとってより価値のある提案ができるようになる。
  2. 上記1により、顧客からの信頼を得ることができる
  3. 自分自身のキャリアアップにもつながる。より高度なスキルを持つことは将来的なキャリアパスを上昇させることができるからである。
  4. コンサルティングが上達すれば、仕事の楽しみとやりがいが増える。新しいインサイトを見つけて問題解決の方法を提案することで組織の成長に貢献できる。

コンサルティングの上達は仕事していく上で必要不可欠であり、自己成長にもつながります。このような意義を理解し、日々の業務において必要なスキルを習得していきましょう。

どういうコンサルタントを目指すかについて、特に個人のコンサルタントの方であれば以下の記事が参考になるのでご覧ください。

上達の原理

上達するための原理は次の2つです。

  • 適度なストレス
  • 継続的な練習

適度なストレス

1つ目の原理は、適度なストレスです。

これは上達に必要な仕事の楽しみや興奮を与えてくれると同時に適度な緊張感も与えてくれるので、新しい学びを強化するのに役立ちます。

上達するには挑戦的な高い目標を設定し、定期的なフィードバックを受けましょう。

継続的な練習

2つ目の原理は、継続的な練習です。

上達するには、単に新しいことを学ぶだけではなく継続的な練習が欠かせません。その練習とは新たなスキルを獲得するための課題に取り組むことです。これにより常に新しいスキルを実践する機会を作れます。

上記2つの原理を理解して実践すれば、新しいスキルを効率的に習得でき、プロフェッショナルとして自己を成長させることができるでしょう

上達の方法論

最初に述べたように上達の方法論は、本からの学び、人からの学び、そして行動からの学びの3つに大別されます。

これら上達の方法論を理解して実践すればコンサルティングを上達させることができるので、ぜひ理解し実践してみてください。では、上達の方法論の具体的な内容について解説していきます。

本から学ぶ

美鈴

本からの学びは、自分自身のコンサルタントとしてのスキルアップには欠かせないものの一つですね。

菅原

専門書、ビジネス書、欲しいスキルに特化した書籍を読むことで、自分自身が知りたかった情報や新たなアイデアの習得、自己啓発の方法などを容易に知ることができますからね。

しかし、本を読むだけで十分にスキルアップできるわけではありません本から学ぶことが有効なのは、学びを行動に移しやすくするためです

学びを行動に移す具体例

  • 経営戦略の書籍で学んだ理論を実践して現実的なケースに当てはめるなど自分自身でどう応用できるかを考えます。
  • 本を読んだ後に同業者や上司、先輩などとディスカッションすることで本を理解しやすくなり、自分自身の考えを深めることができるでしょう。

本から学ぶことはコンサルタントのスキルアップに必要ですが、それを実践するための行動や他人とのコミュニケーションを怠ってはいけません。

人から学ぶ

美鈴

人から学ぶことも上達のために欠かせない要素ですね。他者の知識や経験を借りることで自分自身の知見が広がりますから。

菅原

また、コンサルタントは仕事上クライアントとのコミュニケーションが欠かせないので、コミュニケーション能力だけでなく相手のニーズを理解する能力も求められますね。

人から学ぶことで得られる利点は次の通りです。

人から学ぶことで得られる利点

  • コミュニケーションスキルを向上させることができる。
  • 同じような立場の人々と交流すれば、ビジネスについての知識や技術的なスキルを共有できる。これにより自分自身のスキルアップだけでなく、周囲の人々の成長にも貢献できる。
  • 自分自身を開放的に表現したり相手への興味や共感を示すことで相手との距離感が近くなり、信頼を得ることができる。

このように人から学ぶことで多くの利点を得られるので、コンサルティングの上達に効果てき面です。

行動から学ぶ

美鈴

行動から学ぶことは学びの源泉の一つであり、コンサルティングの上達のために重要な方法の一つですね。

菅原

これは本や人から得られる知識を実践して身につけることであり、実践を繰り返すことでより深い理解を得られるので、繰り返しが大事ですね。

コンサルタントは、クライアント企業の業務改善のために実際に様々な行動をします。実際に現場で何が起きているかを体験し分析することで、新たなアイデアや改善策が生まれることもあります

また、失敗からも重要なことを多く学ぶことができ、その反省を今後に活かせるので無駄にはなりません。

ただし、適切な行動を行えるようになるには必要な知識と思考法を身につけなければなりません。そのために、多くのコンサルタントは学びを継続しながら日々現場での経験を積み重ねて自己研さんを続けているのです。

少しでも学びを怠ると競争力が弱まって競合に顧客を奪われかねないので、本記事で紹介した方法論で学びを継続しましょう。

PDCAを高速で回す方法

美鈴

競合他社の一歩先を行くために何かお勧めの上達方法はありますか?

菅原

はい。PDCAサイクルを高速で回して、コンサルティングの上達を迅速化させる方法がお勧めです。

PDCAとは「Plan(計画), Do(実行), Check(評価), Act(改善)」の頭文字をとったモデルで、新しいプロジェクトを開始するときや課題解決する際に役立ちます。PDCAサイクルは次の手順で回します。

PDCAサイクル

  1. 計画段階で目的や目標を明確にする。
  2. 実行段階でチームの役割分担やタスク設定を行う。
  3. 評価段階では振り返りを行う。
  4. 改善段階では改善点を見つけ、上記1につながるように1から4を繰り返す。

PDCAサイクルを高速で回すためにはテキストブック上で学ぶだけでなく、実際に経験を積まなければなりません。

具体的には、プロジェクトの進行状況を的確に把握し、課題が発生したら迅速かつ適切な対処をするというPDCAサイクルを増やしていくということです

PDCAサイクルを高速で回すことでコンサルタントとしての経験やスキルを劇的に向上させることができます。プロジェクトがスムーズに進行することで自信もつき、PDCAサイクルをよりスムーズに回せるようになるでしょう。

それゆえ、PDCAサイクルに精通し高速で回していけるスキルは、コンサルタントにとって必要不可欠なスキルといえます。

コンサルティングの圧倒的上達を実現する方法

美鈴

要するに、コンサルティング上達の効果的な方法は、「本、人、行動」の3つから学び、PDCAを高速で回すことですね。他にありますか?

菅原

ここで、さらに圧倒的な上達を実現する方法があるんです。それは「行動から学ぶ」で「ロールプレイ」を積極的に行うことです。

以下ではロールプレイについて解説しますので、ぜひ活用することをお勧めします。

ロールプレイ

ロールプレイとは、role(役割)とplay(演じる)の組み合わせ用語です。

リアルな現場に登場する人物それぞれの役割を演じて疑似体験をすることで、実際に起きた場合に備えて適切に対応できるスキルを習得し、向上させる方法です。

また、自身の対応や発言から行動傾向や問題点を明らかにして改善することもできるので有益です。

ロールプレイの目的

ロールプレイの目的は「行動力」を迅速に身につけることです。ロールプレイは目的に応じて自由に場面を設定できるので迅速に行動力を身につけられます。

ロールプレイを積極的に行うことで、本や人から学んだ知識を現場で活かせる行動力に迅速に発展させることができます。また、ロールプレイを繰り返すことで、現場で場面に遭遇した場合に迅速に理想的な対応ができるようになるでしょう。

ロールプレイのメリット

ロールプレイのメリットは「行動力を迅速に身につける」以外に、以下の例が挙げられます。

  • 自身の成長や改善点がみえる。
  • 成功体験が身につく。
  • 成功者のノウハウや手法を共有できる。
  • 特定場面で対応できる精神力が鍛えられる。
  • 他者の対応を知ることで他者理解が得られる。
  • フィードバックを受けられるので、自身の悪い癖や足りない部分を把握でき、今後に活かせる。
  • 繰り返しロールプレイすることでスムーズに対応する成功イメージが定着する。

ロールプレイの注意点

美鈴

ロールプレイの注意点としては「緊張感が欠けてくる」がありますよね。

菅原

よくありますね。でも、大事な問題で「緊張感が欠けてくる」とロールプレイの効果は著しく低下するんですね。

ロールプレイを顔見知りの同僚や上司と実施すると「私語」が飛び交うなどなれあいになります。また、毎回同じシーンや形式でロールプレイをすると対応も同じになってしまうため、新たな課題を見つけられません。

そのため必要に応じてシーンや形式の見直し、いつもと違う場所でロールプレイをするなど常に緊張感のある状態で臨めるよう準備と環境づくりをしなければなりません

まとめ

今回の記事では以下の事を紹介いたしました。

  • コンサルティング上達の方法論
  • PDCAを高速で回す方法
  • コンサルティングの圧倒的上達を実現するロールプレイ

コンサル業界は競争が激しく、個人のコンサルタントの方は特に効率的な上達法が必要不可欠です。

コンサルティングの上達は一朝一夕に行えませんが、PDCAとロールプレイを取り入れた効果的な方法論で圧倒的に上達させ、競争力を高めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

法人獲得

  • この記事を書いた人

post

-ブランディング